ドラマ


『るろうに剣心 最終章 The Beginning』賛否両論!?あなたは見る??


伝説の最期編』(るろうにけんしん でんせつのさいごへん)が前後編2部作としてそれぞれ8月1日、9月13日連続公開された。 2020年、原作の「人誅編」をベースした最終章2部作『るろうに剣心 最終章 The Final』(るろうにけんしん さいしゅうしょう ザ・ファイナル)と『るろうに剣心 最終章 The Beginning』(るろうにけんしん
61キロバイト (8,468 語) - 2021年6月5日 (土) 01:21


るろうに剣心 最終章 The Beginningの公開が始まりました。
視聴者からは賛否の声が集まっています。
個人的には伝説の最期編が良すぎて・・・

【『るろうに剣心 最終章 The Beginning』賛否両論!?あんたは見る??】の続きを読む


タイタニック (Titanic) ギリシャ神話に登場する巨人の神「ティーターン(タイタン)」に由来する、巨大剛健無双なものを表現する言葉。 タイタニック (客船) - ティーターンにちなんで名付けられた豪華客船。1912年に処女航海の途上で氷山に衝突し沈没した。 タイタニック2号 - かつて存在したタイタニック
2キロバイト (227 語) - 2021年5月16日 (日) 10:29



(出典 2.bp.blogspot.com)


「人生で一番好きな映画ランキング」40~50代の女性に調査 2位は「バック・トゥ・ザ・フューチャー」1位は??

1 muffin ★ :2021/06/04(金) 21:28:52.63

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000007.000055259.html

タレント養成・マネージメントを行う株式会社テアトルアカデミー(所在地:東京都新宿区)は、「第7回モデルグランプリ」の実施に伴い、全国の40代から50代の女性500名を対象に「日常とエンタメに関する調査」を実施いたしました。

「人生で一番好きな映画」の作品名を自由記述回答(フリーアンサー)してもらい、集計したところダントツで多くの票が集まった作品が「タイタニック」でした。
感動的なストーリーはもちろん、キャストや音楽、映像の美しさなど、作品の細部まで支持する声が集まりました。
続いて「バック・トゥ・ザ・フューチャー」「ローマの休日」など、往年の名作が上位にランクイン。日本映画からは「風の谷のナウシカ」が4位にランクインしました。

【人生で一番好きな映画ランキング】
1位:「タイタニック」
「純愛への憧れ(千葉県・59歳女性)」
「ストーリー、音楽、キャストどれも素晴らしい(東京都・53歳女性)」
「実話を元に作られた映画で感慨深いものがある(埼玉県・48歳女性)」
「物語が好きで主人公の二人がとても魅力的だったから(茨城県・47歳女性)」

2位:「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
「初めて見た映画(京都府・48歳女性)」
「文句なしに面白いから(東京都・41歳女性)」
「ストーリーがワクワクして面白い。過去に戻った時の服装やインテリアも可愛い(和歌山県・47歳女性)」

3位:「ローマの休日」
「とにかくオードリー・ヘプバーンがきれいだし、チャーミングだから(神奈川県・51歳女性)」
「切ないラ*トーリーで展開がおもしろかったから(北海道・52歳女性)」

4位:「風の谷のナウシカ」
「何度見ても泣ける。思い出すだけで泣ける(兵庫県・44歳女性)」
「ナウシカの優しさや、環境と共生していく人々の態度など、お手本にするべきことがたくさん詰まっているから(高知県・42歳女性)」

5位:「ショーシャンクの空に」
「最後の逆転劇が最高(兵庫県・56歳女性)」
「屋上で飲むビールがおいしそうだった(埼玉県・49歳女性)」

■調査概要
・調査テーマ:40-50代女性の日常とエンタメに関する調査
・調査方法:WEBアンケート調査
・調査対象者:全国の40代から50代の女性500名
・調査実施日:2021年4月16日~20日
・調査主体:株式会社テアトルアカデミー


(出典 d2sbrqz6dqhrm5.cloudfront.net)



(出典 buzz-plus.com)



(出典 media.vogue.co.jp)


【『好きな映画ランキング』40〜50代女性調査!2位はバック・トゥ・ザ・フューチャー】の続きを読む


Twitterより2019年11月23日閲覧。 南沙良 | レプロエンタテインメント 南 沙良|ニコラネット - ウェイバックマシン(2018年4月7日アーカイブ分) 南沙良のブログ - ウェイバックマシン(2017年10月8日アーカイブ分) 南沙良 (lespros_sara00) - Instagram 南沙良 オフィシャル (@lespros_sara)
28キロバイト (3,623 語) - 2021年5月29日 (土) 14:52



(出典 netacube.com)


女優のガッキーショックが止まりません。ポストはドラゴン桜生徒役の南沙良が濃厚に!?

1 首都圏の虎 ★ :2021/05/26(水) 11:04:44.30

主要生徒役は人気より演技力優先

春ドラマの中で視聴率・話題性ともに独走状態が続く『ドラゴン桜』(TBS系)。同作らしいユニークな勉強法が登場するなど、東大受験に向けた動きが本格化したことで、生徒役への注目が集まりはじめている。

今回の主要生徒役は、ジャニーズ事務所の次世代トップグループ・King & Princeの髙橋海人(22歳)、映画・CM業界での評価が高く出演作が相次ぐ南沙良(18歳)、元欅坂46のセンター・平手友梨奈(19歳)、人気子役時代からのキャリアが世代屈指の加藤清史郎(19歳)、俳優デビュー作の映画『蜜蜂と遠雷』で新人賞を総なめにした鈴鹿央士(21歳)、今秋に2本目の主演映画を控える志田彩良(21歳)、初主演映画『町田くんの世界』で新人賞を総なめにした細田佳央太(19歳)。

制作サイドが現時点での人気や知名度より、演技力や才能をベースに選んでいることがわかるのではないか。16年前の前作を振り返ると、主要生徒役の中から、山下智久、長澤まさみ、新垣結衣、小池徹平が連ドラ主演の常連となっていた。

では今春の続編で、同じように連ドラ主演の常連となりそうなのは誰なのか。前述したように映画業界で評価を集める実力派が多い中、真っ先に名前が挙がるのは南沙良。早くも業界内では、「近年中の連ドラ主演間違いなし」なんて声も聞こえてくるほどだが、なぜそれほど期待されているのか。

◆南沙良と新垣結衣の共通点がズラリ

南沙良の芸能界入りは、2014年の「nicolaモデルオーディション」グランプリ。当時、小学校6年生だったが、すぐに専属モデルとしての活動をスタートさせた。

女優デビューは3年後の2017年、映画『幼な子われらに生まれ』。初の芝居オーディションであるにもかかわらず物語のキーパーソンに抜てきされ、浅野忠信と田中麗奈の娘役を好演した。

2018年には『志乃ちゃんは自分の名前が言えない』で早くも映画初主演を飾り、第61回ブルーリボン賞新人賞、第43回報知映画賞新人賞、第33回高崎映画祭最優秀新人女優賞などを立て続けに受賞。一躍、同世代のトップ女優候補として注目を集めはじめた。また、同年秋には『江崎グリコ ポッキー』のCMに出演。こちらもCM初出演であり、しかも宮沢りえとの共演という大抜てきだった。

映画では『居眠り磐音』『太陽は動かない』『ゾッキ』、CMでは『キリンビバレッジ 午後の紅茶』『ソフトバンク』『日清食品 カップヌードル』などの大仕事が続いている。

そして今春、ついに『ドラゴン桜』で民放連ドラに初出演。さらに来年の大河ドラマ『鎌倉殿の13人』(NHK)に源頼朝(大泉洋)と北条政子(小池栄子)の娘・大姫役で出演が決まっている。

ここまで読んでピンと来た人もいるのではないか。『ドラゴン桜』と『ポッキー』……南沙良は新垣結衣と同じ道をたどっているのだ。さらに言えば、新垣は第50回ブルーリボン賞新人賞に輝いたことがあり、来年は『鎌倉殿の13人』に出演。2人は同じ芸能事務所の先輩後輩であり、しかも6月11日の誕生日まで同じなど共通点だらけなのだ。

◆唯一「普通の高校生」を演じる難しさ

実は南沙良が『ポッキー』のCMに出演したころから、一部で「ポストガッキー」という声が挙がったことがあった。

そこから現在までの間、南沙良は着実に出演作を重ねて演技力を高め、今春の『ドラゴン桜』出演でいよいよ全国区の知名度や人気を手に入れる。一方の新垣結衣は星野源との結婚を発表し、所属事務所との契約形態を変え、個人での活動も進めていくという。

テレビ、映画、CM、すべての業界が、実力に加えて知名度や人気を手に入れる南沙良を放っておかないだろう。一方の所属事務所も、「大切に育ててきた南沙良をついに羽ばたかせるときが来た」とみているのではないか。まさに機は熟した感があるのだ。

全文はソース元で
https://news.yahoo.co.jp/articles/a6cbb293ff6401f9ef72d3cdbff427db38fc1333

(出典 amd-pctr.c.yimg.jp)


【『朗報』ドラゴン桜で注目を集めている南沙良がポストガッキーになり得る!?】の続きを読む


『春の呪い』見てみたんだけど結構怖すぎた件。。。


夏美・春の継母。 柊真由子 演 - 結城モエ 柊篤実 演 - 薬丸翔 柊俊策 演 - 津村和幸 冬吾の父。 立花京子(夏美・春の実母) - 近藤奈保希(第1話) 原作 - 小西明日翔 『春の呪い』(ZERO-SUMコミックス / 一迅社刊) 監督・脚本 - 落合正幸 チーフプロデューサー - 稲田秀樹(テレビ東京)
12キロバイト (1,223 語) - 2021年5月23日 (日) 12:10



【『衝撃!!』春の呪い ホラーすぎて震えたwwww】の続きを読む

このページのトップヘ